シーリング工事の施工保証 | 外壁塗装.COM
HOME > 教えて掲示板 > シーリング工事の施工保証

外壁塗装登録数

1526 件掲載中
2017/09/26 18:12現在

北海道・東北

北陸

関東

中部

関西

中国

四国

九州・沖縄



更新情報

奈良県高取町の外壁塗装

塗装DREAMさんを掲載しました。

神奈川県三浦市の外壁塗装

有限会社 岩野塗装店さんを掲載しました。

大阪府大阪市の外壁塗装

株式会社のぞみリフォームさんを掲載しました。

和歌山県和歌山市の外壁塗装

ペイントコーティング萬さんを掲載しました。

東京都八王子市の外壁塗装

東京都八王子市の外壁塗装、二代目あみもと塗装さんの登録写真 二代目あみもと塗装さんを掲載しました。
更新情報

外壁塗装 モバイル
外壁塗装
モバイル版


質問

シーリング工事の施工保証
困り度: ★★★★★
教えてNo.67 質問者:大下 健一
都道府県名:愛知県
40代前半 ・男性
投稿日時:
2015-07-09 15:02:33

先日、外壁(ヘーベルハウス築21年)の改修工事が完了しました。
シーリング工事が誰が見ても分かるぐらい、雑な仕事内容でした。

旭化成のウエルシールと同等品である、オートンTF2000での施工は、ハウスメーカー、シーリングメーカーの期待耐用年数は15年の見解ですので、シーリングの上に塗膜が乗るのですが、耐久性を期待して、過剰品質とも思われる、オートン超耐候TF2000で選択しました。

しかし、肝心な施工品質は、とても残念な結果になりました。
契約内容は、サッシ周り、劣化の激しい部分、横目地は打ち替えで、残りは増し打ちの内容です。

外壁塗料は日本ペイントのパーフェクトトップ(シリコン)、波形仕上げ仕様です。

目地500mでペール缶5缶は少ないと感じましたが、やはり、増し打ちされたシーリングの厚さが薄く、既存塗膜が透けて分かるぐらいでした。
目地にはマスキングテープを貼らず施工されたので、目地から、はみ出した薄いシーリングの上から塗装された、塗膜の剥がれも心配です。

打ち替えも、3面接着なので、完全には撤去出来ないとの事で、既存のシーリングが目地の両サイド(接着面)に残ってました。(三角シール?)

唯一の安心材料は既存のシーリングが健全でした。

その既存のシーリングをが頼るしかないです。

やり直しを要求したかったのですが、十分な保証を、して頂けると約束されたので、妥協しました。
今となってはその時点できちんと話し合えば良かったと後悔しています。

施工も終わり、シーリング工事の保証を求めたのですが、ノンワーキングジョイントでも、少しはALCパネルは動くので、保証する業者もいないとの事で保証を拒んでいます。

シーリングの完全な破断、剥離だけでも保証をして頂きたいです。

Q1、今回の様な施工不良に対しまして、予測されます不具合内容と、発生年数は、どの様に予測されますか?

Q2、現代、シーリング協会もノンワーキングジョイントに対しては、正しい施工で10年の長期保証も可能だと公表しています。

現実、ノンワーキングジョイントでのシーリング工事の長期保証(10年)は無理なのでしょうか?

Q3、既存のシーリング(21年目)の状態にも寄りますが、今回の施工内容では15年の耐久性を期待するのは、厳しいでしょうか?

次回の外壁改修工事の周期を今回(21年)と同様にと考えています。

Q4、シーリングの耐用年数は、上に載る塗膜の耐用年数と同等と考えてよろしいでしょうか?

塗膜割れ部分より紫外線の影響を受けるのですが、TF2000は塗装なしでも大丈夫です。

早期(3年未満)の不具合発生なら施工不良と納得して頂けるか?と思いますが、正しい施工で15年、期待出来るのですが、年数が経過する程、経年劣化として判断され、素人の言い分では、プロの施工業者には、勝てないと思います。

その様な最悪な事態は、免れたく思います。

何卒、宜しくお願い致します。


回答



この質問は締め切られました。
ご回答いただいた専門家の皆さま、
ありがとうございました。


回答No:1
投稿日時:2015-07-10 11:12:33
回答者: 奥野塗装店(岐阜県) 
自信度: ★★★☆☆

岐阜で塗装店を営んでます奥野塗装店と申します、シーリング工事の雑な件ですが選ばれた外壁塗料や仕様が関係していそうです、波形仕様で膜厚を確保するとともに雑なシーリング工事の粗消しにも一役かっているのかなと、築21年でしたら当店だとシーリングは全面打ち替えです、3面接着の場合100%のシーリング撤去は難しいです、しかし両サイドの接着面が素地が露出する程度までカッターなどで剥離するのは基本です、その作業が疎かだと密着に影響がでます、保証につきましては塗料もシーリングもメーカー期待対応年数の半分、10年でしたら5年程度だと思います、今回外壁にパーフェクトトップで多分下塗りにパーフェクトフィラーかな?だと当店で保証8年です、シーリング保証を渋るのは塗料の性能をあてにしているかも?次回の塗り替え時期は、塗料の期待年数だとみたほうがよろしいかと思われます。

参考になった:2件

質問者コメント

早速の御回答頂き有難う御座いました。

カッターでの撤去は、ALC板を傷つけ、目地の見た目が悪くなるので、接着面の素地が露出するまで、カッターの刃を入れていませんでした。
先日、シーリングメーカーに写真添付しまして相談しましたが、かなり酷い施工ですねと、仰っておられ、保証をしてもらった方が良いですよとアドバイスを頂きました。
施工店に再度、交渉して見ます。

回答No:2
投稿日時:2015-07-10 20:19:18
回答者: 5エンペイント(神奈川県) 
自信度: ★★★☆☆

伍縁工業の渡部です
旭化成の品質ですが、施工したことがないのでどのような仕様、工法でお見積りを作成しているのかが分からないのではっきりとした答えは難しいです。


マンション関係ですと一般的にシーリングの保証は5年で提出しています。

これは5年しかもたないということではありません。


旭化成さんのシーリング工事は新築の時も養生なしで打っていたと思います。

ただ、決して養生しないのが手抜きというわけではないです。

目地、サッシ周りで500mで5セット(6リットルセット?)だと5セットは妥当だと思います。
実際、目地幅がすべて正確だとは限らないので。
もっと使用する可能性ももちろんあります。


結局のところは現場をみないとはっきりとした答えは難しいです。

シーリングは基本的には10~15年で打ちかえるのがいいと思います。

参考になった:1件

質問者コメント

御返事有難う御座いました。

施工は地域の施工店です。養生は旭化成もしませんが、シーリングの、はみ出しが酷かったです。砂骨ローラーによる波型仕上げで分からなくなるからでしょう。

増し打ちすれば、目地の表面近くまで打たれると想像してましたが、殆ど既存の目地深さと変わらないです。

シーリングの厚さが耐久性に関係するのですが、薄いので心配です。

仮に5年保証されても、6年後に破断すれば、経年劣化と見なされるのでしょうね?

保証を当てにした事を後悔しています。やはり、業者を代えてシーリング施工管理者の監視で再施工すれば良かったと思いました。



当サイトへの無料登録はこちらからどうぞ


世界WEB標準の証明

Valid HTML 4.01 Transitional

Valid CSS

当サイトは、W3C勧告に従った正しい文書構成で制作されていることが証明され、上記バナーの使用許可を得ています。