中古住宅の雨漏りについて、販売業者の話に疑問があります。このまま業者の処理に任せていいのでしょうか? | 外壁塗装.COM
HOME > 教えて掲示板 > 中古住宅の雨漏りについて、販売業者の話に疑問があります。このまま業者の処理に任せていいのでしょうか?

外壁塗装登録数

1532 件掲載中
2017/11/21 19:23現在

北海道・東北

北陸

関東

中部

関西

中国

四国

九州・沖縄



更新情報

神奈川県横浜市の外壁塗装

神奈川県横浜市の外壁塗装、久保田工芸㈲さんの登録写真 久保田工芸㈲さんを掲載しました。

愛知県一宮市の外壁塗装

愛知県一宮市の外壁塗装、夢想空間 U moreさんの登録写真 夢想空間 U moreさんを掲載しました。

大阪府大阪市の外壁塗装

株式会社 ユーケイ工業さんを掲載しました。

東京都小平市の外壁塗装

ワイズさんを掲載しました。

神奈川県秦野市の外壁塗装

有限責任事業組合 和光住設組合さんを掲載しました。
更新情報

外壁塗装 モバイル
外壁塗装
モバイル版


質問

中古住宅の雨漏りについて、販売業者の話に疑問があります。このまま業者の処理に任せていいのでしょうか?
困り度: ★★★★☆
教えてNo.15 質問者:adidogs39 投稿日時:
2011-09-06 14:46:17

1年半前に中古住宅を購入しました。先日の台風による豪雨の中、妻がサッシから水が滴り落ちて、床に水貯まっている事を発見しました。直ぐに中古販売業者に連絡し、担当者が確認の為来ました。担当者曰く、壁のデザインで2本の線が壁にあり、その溝部分のがキレイに塗装されていないか、塗装がはげたのか分かりませんが、その小さな隙間から雨水が浸入し、壁をつたい、その下にある、サッシのビスの隙間から水が屋内に浸入しているとの事です。この中古物件の壁の塗装は、外壁用の塗装で、防水処理がされていません。と話をしました??? 家の壁の塗装に、防水処理されずに塗装するのでしょうか?
という事は、この家のどこからでも、雨水の侵入の可能性があると言っているのと同じじゃないかと、思いました。担当者は、この少しある隙間を塗装すれば、雨漏りは止まるでしょうと言っていますが、この処置で納得してもいいのでしょうか?瑕疵担保条件まで、来年の4月です。私は、どうすべきなのか?このまま、業者の処理に納得していいのでしょうか?塗装は、今時ない触ると痛いゴツゴツした塗装です。どうか、よいアドバイス宜しくお願い致します。


回答



この質問は締め切られました。
ご回答いただいた専門家の皆さま、
ありがとうございました。
回答を締め切るにあたり
質問者からのメッセージ

いろいろ参考になる意見、有難う御座いました。

2011-09-08 03:33:13



回答No:1
投稿日時:2011-09-06 15:22:38
回答者: 有限会社 ナカタ(愛媛県) 
自信度: ★★★★★

まず本当に外壁からの雨水の侵入を確かめる必要があると思われます。

そのために事前調査費として費用が発生するかもしれませんが、それをしないと検査を受けずに手術をするようなものです。

塗装の塗膜は0.1mm~1mm程度のものです。質問の回答と相違がありますが壁からの雨水の侵入というのは経験上あまり、ありませんでした。漏水の原因のほとんどはサッシ廻り、出窓、庇からでした。

中古住宅販売業者は販売のプロであって施工のプロではありませんので漏水原因探求のプロは大工さんか板金屋さんだと思いますので依頼してみて下さい。

まずは高圧水洗浄にて検査をしてみて下さい。

参考になった:1件

質問者コメント

ご返信有難う御座いました。高圧洗浄で、壁を洗ったら塗装がはげたので、出来ません。
将来的な屋根の塗り替えもあるので、違う塗装屋さんに一度相談してみます。

回答No:2
投稿日時:2011-09-06 15:26:11
回答者: (有)小林美装(東京都) 
自信度: ★★★☆☆


現場を見させていただかないと何とも言えないのですが

 先ず 業者が言う防水塗料など一般の住宅では施工されません。

 基本的な 躯体・構造上の問題だと思います。

 現在塗られている塗料は、リシンかスタッコだと思いますが

 残念ながら防水性は期待できません。

 外壁のクラックが原因ならコーキングで一時的な止水は出来るとおもいますが

 一度 信用のおける専門業者に見てもらう事をおすすめします。

 見積もりだけならば 費用はかからないです。

参考になった:1件

回答No:3
投稿日時:2011-09-06 15:28:14
回答者: FIT 外壁塗装  総合窓口(千葉県) 
自信度: ★★★☆☆

はじめまして、FIT外壁塗装です。

雨漏りの場合は、私たちは順に天井部・その上の壁・屋根裏近辺・屋根上と雨漏りの原因を探します。
一般的には消去法で原因の可能性をつぶしていきます。
時には明らかにここだと最初から明確な場合もあります。

今回のケースは
①瑕疵担保条件まで、来年の4月
②先日の台風の時
この二つの内容が通常と違います。
①購入会社に任せてよいのか?
一番良いのは他社で検査して請求可能かどうか確認することですね。
不可能な場合、来年以降も無償で原因確認の作業継続の約束をとるべきでしょう。

台風の時の雨漏りはなかなか原因がつかめないことがあります。
横なぐりの雨だけに反応する雨漏りのケースもあります、元来建物は上からの雨に対し入水を防いでいる構造ですから、下から上に巻き上げる水は入水の可能性も出てくるからです。
建物の形状やベランダのついている箇所・屋根の素材等、諸々の状況で『雨漏り』と言葉で言っても見解がそれぞれ違ってきます。
その業者さんの意見が正しいかもしれません。
雨漏り専門業者さんで、色の付いた水を入水させ原因箇所を早々に解明する方たちもいます。
塗装に関しては、しっかり仕上げてあるか、そうではなく見栄えを良くするためだけの塗装で、下地工程の作業指示が簡素化されていれば、隙間がある可能性は感じます。

雨漏りが見つかったのは現在なので、期限は4月でも問題発生がこの時期なので継続交渉は有効であり可能なのではないでしょうか、でなければ業者がゆっくり直せば、すべての瑕疵が期限切れ扱いになってしまいますので。

私は台風による特殊な角度からの入水が今回の原因ではないかと想像します。
通常の雨の時に同様の水漏れが今後なければその可能性は高いと思います。
そこも業者さんとしっかり継続審議を行うべきと思います。

参考になった:1件

質問者コメント

非常に分かりやすいご回答有難う御座いました。継続保証できるように、話し合います。

回答No:4
投稿日時:2011-09-06 15:38:15
回答者: 株式会社アシスト(兵庫県) 
自信度: ★★★☆☆

実際に拝見していないのでなんとも言いにくいですが、まず外壁塗装というのは防水をかけるという意味合いでされているモノです。なので塗装がされていないもしくははげているのであれば、可能性としてはありえる事ではないでしょうか?
ただし、外壁内部には防水シートもありますので、そうそう壁の内部に雨水が侵入する事もありません。ただし、中古物件という事なので築年数によっては防水シートの寿命が過ぎている可能性もあります。
簡単に言うと、外壁塗装は1次防水、防水シートは最終防水なので、そのどちらもが傷んでいるのであれば、溝部分だけを塗装しても、今後別の箇所からの雨水の侵入も考えられます。
築年数や前回塗装の有無などはわかりませんが、場合によっては全体的な塗り替えが必要かもしれません。
中古販売業者の担当の方がどれほどの知識で話しているかわかりませんが、不安のようでしたら一度専門業者さんにも見てもらってはどうでしょう?

参考になった:1件

回答No:5
投稿日時:2011-09-06 15:39:07
回答者: アサヒリフォーム有限会社(埼玉県) 
自信度: ★★★☆☆

こんにちは。草加市弁天にあります、塗装専門店のアサヒリフォームの3代目代表親方の吉村暁と申します。まず、今回その雨漏りを奥様が発見できてよかったですね。気付かなければ、おうちはさらに傷みが進んでいましたから。そうですね、雨漏りはなかなかわからないので、担当者さんや施工業者さんはあいまいな解答をする場合が多いとお聞きいたします。もちろん全ての方ではないでしょうけども。 ですのでやはり同じようにお困りになっている方は実は多いんですよね。今回の場合には、一度その販売業者さんに再度連絡をしてみて、瑕疵担保責任により施工していただくのもひとつの方法だと思います。ただ、その業者さんを完全に信じることが出来なければ、信頼できるところに頼んだほうがよいと思います。どちらにしろ早期解決したほうがよいと思います。時間が経てばそれだけ、お家は傷み続けますので。 そして考えられる原因は、2本ある帯の上部からの浸水です。こちらは、下部だけは水の逃げ道を作っておき、上部からの浸水を止めて様子を見てみる。 そしてもうひとつは、サッシまわりからの浸水の可能性もありえますので、そこも点検して、必要があれば対応していく必要があると思います。 ちなみに全く気にしていなかった、屋根からの雨漏りというケースも実はよくあるパターンです。私も実際に見たわけではないのですが、そのようなことがあると他もご心配だと思いますので、全部の点検をした方がよいと思います。 そしてほか原因がはっきりわかって、ご納得されれば、もしかしたらその処置でも良いのかもしれません。雨漏りは原因は色々考えられますので慣れた職人が施工しないと、イタチごっこになりますので、専門職人に頼むと解決できて、安心できますよ。  ご参考になればとおもいます。 これもなにかのご縁だとおもいますので安心した気持ちのいい生活が送れることを、勝手ながら私も願っておりますね。 では失礼致します。

参考になった:3件

回答No:6
投稿日時:2011-09-06 15:54:51
回答者: (有)津山 塗装(岡山県) 
自信度: ★★★☆☆

現場を見てみないとはっきりしたことは言えませんが、いま塗装されているものは、
砂壁状の吹付け材だとおもわれます。防水性能はあまり高くはありません。
業者さんは、ひび割れているところのみたぶん、コーキング材で簡易的に防水するのでしょうが、あまり長くはもちません。この際全体的に、防水性能の高い塗装(防水品質保証付き)をされることをおすすめいたしますし、業者任せではなく、ご自分でも、塗装屋さんか、防水屋さんにわけをはなして見積りをしていただくのもよいほうほうだと思います。

参考になった:2件

回答No:8
投稿日時:2011-09-06 16:51:21
回答者: 株式会社ふじよし(茨城県) 
自信度: ★★★☆☆


先ずはココに↓瑕疵担保条件についての詳しい盲点が載っていますので参考ください。
http://www.tiken-web.com/menu/kasitanposekinin.html
サッシ周りの雨漏りは外壁塗装しただけでは防水にはなりません、外壁塗装はクラック(ひび割れ)サッシ周り水切り雨押さえなどの下地処理をしてからではないと外壁の防水、美観が良くなるだけで家全体の防水処理にはなっておりません、塗装工事は確かに家全体の美観は良くなってひと時の満足は致しますが本当の塗装工事とは家全体の美観と防水処理がなされてこそが本当の塗装工事なのです。したがって塗装がチョット剥がれたぐらいでは雨漏りはしませんと思います。

参考になった:2件

回答No:9
投稿日時:2011-09-06 16:52:39
回答者: ㈲浅葉塗装工業所(神奈川県) 
自信度: ★★★☆☆

(有)浅葉塗装工業所です。

雨漏りの場合、実際に漏れているところの上部、幅1~1.5mぐらいの範囲で侵入してきている可能性があります。
しかし、通常の雨ではまったく漏れてなく、台風の時だけとあればこの可能性も当てはまりません。
台風の強風は雨を通常ではありえない方向へ導くからです。
つまりサッシのすぐ上に原因があると特定することは、台風と言う特別な条件の中では不可能だと思います。
雨漏れの箇所を特定するというのは難しいのです。
担当者もわからないと答える事が出来ないのでそのように答えたのだと思います。

今回の場合ですと通常の雨では雨漏れがないとあれば、まずは担当が指摘した部分及び漏水によりシミになった部分等も保証させます。その上で新たに保証をして頂く事(瑕疵担保の延長)が良いと思います。

可能であれば地元で長く続いている工務店や防水業者に見てもらう事が良いと思います。
費用が発生するかどうかはその業者次第ですのでわかりません。

塗装と防水は根本的には別物です。
弾性性能で簡易防水的な塗料はございます。
特に下地がセメントやモルタル系の下地の場合は塗膜が伸びる塗料を使用しないと早い時期にひび割れが起こる事はありますし、そこから雨水が浸入してくることはあります。
ですが今回の塗装の場合は防水性は全くないものを使用していると思われます。
特に中古物件の塗装の場合は売価を上げないために最低限の塗装で施工させている事も想像できます。

参考になった:1件

回答No:10
投稿日時:2011-09-06 17:00:56
回答者: アルテペイント(福岡県) 
自信度: ★★★☆☆

大変遅くなりました。申し訳ございません。雨漏りの場合は特に現場での調査が必要ですが、文面の情報より推測で出来る限りお答えいたします。まず、外壁は「今時ない触ると痛いゴツゴツした塗装」ということですので、モルタルにスタッコもしくはリシン系の吹き付け仕上げだと思われます。「外壁用の塗装」だから防水ということはありません。むしろ防水機能がついている材料のほうが少ないかもしれません。
建物の防水機能は、外壁の仕上げ材にすべて頼るようには、なっておらず、サイディング外壁にしてもモルタル外壁にしても仕上げ材(文中の外壁用塗装)は保護的役割が大きいのです。つまり、極端な言い方ですが塗装がしてなくても健全な壁の場合雨漏りはしないはずです。しかしサイディングの場合ジョイントシーリングの劣化やモルタルの場合ひび割れなどがある場合は漏水します。このひび割れなどを防水材から発展した材料(弾性系)で塞ぎ防水機能をもたせるということがあります。サッシ廻りの雨漏りはモルタルの浮きやひびわれからのものが多いと思います。「壁のデザインで2本の線」とはモルタルの目地だと思いますが、この目地の中も(V型)ひびわれが多い場所ですのでシーリング処理などで処置をし塗り替えを検討されているのであれば、透湿機能を持った微弾性フィラーなどを使って仕上げれば万全だと思います。推測での回答ですので説明がいき届きませんことをお許しください。なお、当ホームページにも劣化現象等のページがありますので、よろしかったらご覧ください。追伸 販売業者さんの補修がどの程度のものなのかは、判断できませんので何とも申し上げられませんが塗料だけでは雨漏りがとまったとしても一時的なものだと思います。シーリング補修や、外壁全体のひび割れの補修が必要ではないでしょうか。

参考になった:2件

回答No:11
投稿日時:2011-09-06 17:19:09
回答者: イマジン(愛知県) 
自信度: ★★★☆☆

雨漏りですか、難しいですね。 現物を見ないとなんとも言えないですが、外壁に大きなクラックがない限り塗装ではないかもしれません。
雨漏りの主な原因は、サッシ回り又壁のコーキングの劣化・屋根又は屋上(カラーベストの割れ・瓦の割れ・防水の劣化)などです。 
本当にその小さな穴なのか、しっかりどこから雨漏りしてるのか突き止め、適切な工事をしてもらうのがいいと思われます。

参考になった:1件

回答No:12
投稿日時:2011-09-06 18:23:28
回答者: 株式会社 ケイズ(大阪府) 
自信度: ★★★★☆

こんにちは。
質問の回答ですが、皆さんがおっしゃるように原因を突き止めてから、施工に掛かるのが良いでしょう。
多少不安はありますが原因が分かれば販売業者に属する施工業者でも良いと思います。
販売業者の口上は信用度が極めて低いと思われます。
漏水の調査は多様た方法があり、原因の推測を基に調査の計画をするのですが、それが大きく外れていると徒労に終わります。調査は計画が最重要と覚えてください。

お困りではあると思うのですが現状を把握できていないので一般的な止水(漏水防止)方法の考え方を解説します。
止水には砦があります。これをラインと呼んでいますが、建物の構造により1次から4次程度まであります。

①1次止水ラライン、これが塗装です。止水と言っても完全な防水材ではなく簡易防水に位置するものです。合羽で例えると撥水処理された程度、縫い目に止水テープが無いタイプにあたります。
②1~2次止水ラインにあたるのがシールです。窓の回り、ドアの回りにある15mm程度の伸縮性の富んだ材料です。
③2~3次止水ラインはサッシなどの鋼製建具では水切り、水返し、シリコンゴム、(ビート)がそれにあたります。
④3~4次止水ラインが防水シート、透湿シートです。

漏水の原因究明は最低上記の事をクリアしていく事でかなり減ります。

上記のものがどのような場合、漏水に至るか示してみます。
①、これは塗装忘れ、劣化による塗膜の剥離脱落、などで突破されます。

②、これはシールと接着させている物との破断により突破されます。
劣化、硬化によるものか、シール打込みの不足、比率不足かによります。

③これは途中でカットいたり、完全に撤去されている場合があります。

④これは左右上下の重ねが規定通りになってなかったり、寸足らずの場合があります。
通常であればここのラインで水の浸入を完全に止めてしまいますが建物の揺れにより外壁のひび割れに合わせたように破れている場合があります。
この④を突破されると壁面からの漏水に至ります。

最後に通常では考えにくい漏水に結露があります。特にブロック、コンクリートなどを使用したり外断熱、吹きつけの断熱材を使った場合、開口部に熱欠損が多くみられ、それが漏水と認知される場合もあります。

結論を申しますと業者の処理は誤りです。今の段階では任せるべきではありません。

瑕疵などについても分からなければまた質問していただければ分かる範囲でお答えさせて頂きます。HPのヘルプも利用してください。

ありがとうございました。





参考になった:2件

回答No:14
投稿日時:2011-09-06 19:21:16
回答者: 総合サービス(山梨県) 
自信度: ★★★☆☆

これは 塗装の仕上げの問題ットハ 違うと 思います。サッシの周りの 雨しまい
や 隙間の 処理を 十分に しないまま 販売したと 思います。
どんな 塗装工事をしても それだけで 問題が 解決するとは 想いません。
購入した方は それまでの 事前の 検査は 無理だったと 察します。
原因は 塗装以外に あると 確信致します。

参考になった:1件

回答No:15
投稿日時:2011-09-06 20:10:17
回答者: マチグチ塗装(大阪府) 
自信度: ★★★☆☆

はじめまして、私は大阪で外壁塗装やリフォーム工事をさせて頂いております、
建物を調査して見ないと確かな事は言えませんが通常外壁の塗装が原因で雨が漏れる事はありません、塗装をしない建物でも雨が漏れません。漏れる原因が考えられるのは、そのラインが大きくヒビワレているか窓のサッシ取り付け部分の防水テープやラスに問題がある可能性があります。また塗装の前には防水処理は行いません、塗装に防水機能のある物もありますが原因は雨が入る場所を見つけて修理をする事です、塗装のせいではありません、塗装はあくまで外壁の保護と美観の為であって雨漏れを止める物ではありません。

参考になった:1件

回答No:16
投稿日時:2011-09-06 20:12:29
回答者: 高松工業有限会社(千葉県) 
自信度: ★★★★★

雨漏り110番松戸店の高松工業と申します。

まず、外壁がゴツゴツしているとのことからリシンもしくは無機系の塗装の仕上げだと考えます。

この塗装には、防水性能はありません。

その下地のモルタルが1次防水でモルタルの下に防水シートが入っておりこれが2次防水で建物を雨漏りから防いでいます。

本来はひび割れなどで1次防水が雨水に突破されても、2次防水の防水シートで雨水

を防ぎ室内に雨漏りを起こさせないようにします。

雨漏りがしているという事は、この2次防水が突破されてしまっているからと考えます。

販売業者が言うように、その隙間が本当に雨の浸入口であるならば

そこをふさげば一時的には雨は止まります、ただし 年月が経ってそのふさいだもの

が劣化すれば、根本的な修繕をしていないため雨漏りが再発します。

根本的に直すには、壁を壊してモルタルの下の防水シートをしっかりとやり直し

壁を復旧するようにしないと直らないのではないかと思われます。

それと、原因が確かに販売業者が言っている箇所かどうかはこの文面だけでは

分りません。入口が他にあることも考えられます。

もし、はしごなどを使ってその疑わしい個所に手が届くのならば、ホースの水を

その場所に長時間掛けて、豪雨の時のような雨漏りがするのか確認なさってはいかがでしょうか。

そこから雨漏りが再現できなければ、原因の入り口は他にあると考えられます。


雨漏りの解決は原因個所がわかって、どのようなメカニズムで雨漏りするのかが

分っていないと再発の率が違ってきます。

参考になった:1件

回答No:17
投稿日時:2011-09-06 20:25:46
回答者: コスモスペイント(埼玉県) 
自信度: ★★★☆☆

雨漏りに関しては、原因を追究し、雨漏りの特定をし、処理と対処が必要です、
サッシ外側(回り)からの雨漏りは基本的には、有りません、外壁、モルタルやサイディングでも、新築時に、外壁を施工する前に、防水紙が全体に貼ってあり、簡単に雨漏りしない構造です、
建物がデザイン的に、屋根、壁等、でっぱりや引っ込みの多い建物の場合は新築時に、施工上隙間が有る可能性が有ります、
今回雨漏りした、上の部分に戸袋が有れば、戸袋内部の防水処理(防水紙が貼っていない事も有ります)原因を確定する事です、確定出来ない施工は無駄です
私の(HP)に戸袋が原因の雨漏りの直し記載

  http://cosmospeint.web.fc2.com/navigator_003.htm

塗装をしても、雨漏りが止まるとは限りません。(防水塗装でも)
雨漏りの特定は、可能性のある、場所に水をかけ、何ヶ所も確認しながら特定します
もっと詳しい内容が分かれば特定しやすいかもしれません

雨漏りの特定が確定しない状態で防水塗装などしないで下さい、無駄に成ります

    お問い合わせは下記へ

   コスモスペイント
   埼玉県飯能市笠縫267-12
   042-971-4971(田中)

参考になった:2件

回答No:18
投稿日時:2011-09-06 21:25:08
回答者: 榎本塗装(愛知県) 
自信度: ★★★★★

まず購入の際、外壁の塗り替えリフォームをなされているなら塗装には老化から護る保護機能と長期にわたり美しさを保つ美観、問い合わせ内容のようにそ雨漏りがしないように防水性・耐久性・防カビ防藻性・低汚染性など様々な機能をもつ塗料があります。まず、塗装に関しては手抜き工事がなく、的確な塗料が塗装されているか。もしくは性能を活かす塗膜が作られているしか考えられません。
サッシ周りのシーリングが老化により亀裂などが入っていないか外壁に穴やクラック(ひび割れ)からも徐々に内部へと侵入していくのでご確認してみて下さい。
やはり現状見てみないと何とも言えませんが雨漏りをしているなら早急に対応致しませんと内部に影響が出ますし、雨水などが侵入して基礎に影響が出てしまったらお家は危険ですし早めに手をお考えください。

参考になった:2件

回答No:19
投稿日時:2011-09-07 07:48:49
回答者: 有限会社 彩ペイント(福岡県) 
自信度: ★★★★★

(有)彩ペイントの 津上と申します。

まず住宅を購入される前に外壁の塗装が行われたのか?でしょう
住宅の外壁は役10年位が塗り替えの目安に成ります。

もし外壁の塗り替えが行われていないのなら 外壁の塗り替えを
お勧めします

すでに外壁の塗り替えが行われているのでしたら
飾りのデザインの隙間に 変性シリコンのコーキングをして
塗装すれば水漏れは簡単に止まると思います

お近くの信頼できる塗装店にお願いして何社か相見積もりを
取られて 一番いい業者さんに お願いするのが良いと思います

色々な単価がわかる様に弊社のHPに掲載してますので
参考にされたら良いかと思います。

http://www.sai-paint.co.jp/price.html

詳しくご筆問があれば HPからお問い合わせで頂いたら
もっと詳しくアドバイスできると思います。

参考になった:1件

回答No:20
投稿日時:2011-09-07 08:47:12
回答者: 有限会社ホーム塗装(兵庫県) 
自信度: ★★★★★

>>この中古物件の壁の塗装は、外壁用の塗装で、防水処理がされていません。と話をしました??? 家の壁の塗装に、防水処理されずに塗装するのでしょうか?
という事は、この家のどこからでも、雨水の侵入の可能性があると言っているのと同じじゃないかと、思いました。
◎まず、どのメーカーでも必ずサイディング(外壁)自体に防水処理が施されており、通常はその上から防水効果のある塗料を塗りますので、サイディングから雨漏りがすることは無いと思います。
ただ、サイディングとサイディングを繋ぐジョイントのコーキングが古い・もしくは傷んでいる場合、その隙間から雨水が侵入することがありますので、恐らくそれが雨漏りの原因だと思われます。

>>担当者は、この少しある隙間を塗装すれば、雨漏りは止まるでしょうと言っていますが、この処置で納得してもいいのでしょうか?
◎その施工で止まる可能性もありますが、施工後にサイディングに高圧洗浄での雨漏りの確認をして頂くことをお勧め致します。

>>塗装は、今時ない触ると痛いゴツゴツした塗装です。
◎もしそれがセラスキンだった場合は、施工方法が全く異なりますので、またお気軽にご質問下さい。 

参考になった:2件

回答No:21
投稿日時:2011-09-07 09:16:18
回答者: 株式会社こころの建設(宮城県) 
自信度: ★★★★★

そもそも外壁塗装で雨水の浸入を完全に防ぐのは無理です。又、台風などの横殴りの雨はサッシ廻りなどの躯体との取り合い部分より浸入する場合があります、現在の新築などはそれを踏まえ防水テ-プなどの処理をしているため防水性は向上しています。
ここで本題ですが雨水の浸入や構造上の問題は重要事項説明はもちろん建物に対する重大な瑕疵であるため第三社で塗装業者ではなく一級建築士や市役所窓口などに早めに相談してみて調査した方が良いと思われます(不動産屋さんは建築屋ではなく素人です)。費用はかかりますが今後の生活で安心を考えると安いと思います。

参考になった:2件

回答No:22
投稿日時:2011-09-07 11:52:44
回答者: 有限会社 宮野建装(福岡県) 
自信度: ★★★☆☆

ご質問の投げかけありがとうございます。
早速ですが、現状の壁に塗装してある塗料の種類は、リシン・スキンというものだと考えられます。防水効果があるか?という問題では、他の塗料に比べると防水効果は低いといわれています。しかし、隙間・ひび割れ(クラック)や塗膜が剥がれていなければ、
雨漏りすることはほぼありません。よって、販売業者さんのいわれるように隙間さえ処理を行えば雨漏りは止まると思います。瑕疵担保条件の範囲では、おそらく販売業者さんのいわれる処理が限界だと思いますが?今後ですが、リシン・スキンなどの塗料は、
対応年数が10年以下のものが多く、汚れ(雨だれ)なども付きやすいです。次回の塗替えの際は、シリコン樹脂の塗料などをお勧め致します。(汚れも付きにくく。小さなひび割れ・隙間などもカバーしてくれます。)ご参考になれば幸いです。

参考になった:3件

回答No:23
投稿日時:2011-09-07 20:46:34
回答者: (有)サン・フォルム(東京都) 
自信度: ★★★☆☆

サッシから雨漏りするという事ですが、現場を見てないのではっきりとは言えませんが、私が思うに,処理としては塗装前にサッシ回りにシーリングを打ってください。
なぜならば、サッシと防水シートの回りにシーリング処理は,やってないと思います。シーリング処理をしてるのは、ここ2.3年の新築でよく見かけます。

参考になった:2件

回答No:24
投稿日時:2011-09-07 23:47:10
回答者: 有限会社グラス・サラ(大阪府) 
自信度: ★★★☆☆




雨の侵入経路ですが、2本の線は1Fと2Fの間にある幕板と呼ばれる物だと
考えられます。

確かに幕板の上部より水が浸入し内側に漏れ出す事例はあります
そこで、ご確認できれば幕板の下の部分に隙間があるか確認できるでしょうか?

通常ですが上部に止水として隙間を埋めるコーキング処理をしますが
いずれコーキングが切れることを想定し下の部分にはコーキングせず
隙間を開けています。

結果、幕板の下部分に隙間があれば侵入経路としての可能性は低いと考えられます

次に外壁の防水性ですが
モルタルと壁の内側の防水シートで防水処理されてるので全体から水が回ると言う
心配は少ないと思います。

壁に水をかける散水検査を行い雨漏りの場所の特定(1ヶ所とは限りません)し
その場所を治す作業が必要です。

その後、補足ですが防水性のある塗装を行うのも方法の1つです。

高弾性壁面防水仕上げ塗材としてスーパーダンセイロールと言う商品があります。

お家の購入後、雨漏りがあるとショツクな出来事と思いますが 入り口を間違えなければ出口は有りますので頑張って解決してください。^^



参考になった:2件

回答No:25
投稿日時:2011-09-08 01:07:57
回答者: 塗りカエル 大西塗装店(大阪府) 
自信度: ★★★☆☆

塗りカエル 大西塗装店 からの回答ですが

現物を確認していないので答え様がありません。


まず、築年数が分からない

洋風なのか和風なのかが分からない

サイディングボードなのか鋼板パネルなのかモルタル壁なのかが分からない

ネットでの質問の際は具体的にどういった建物なのか明記した方が

明確で適切な回答が得られると思います。


具体的な例を挙げるとすれば、外壁・サッシ廻りからの雨水の浸入は

一旦横に置いても良いかも知れません。


屋根廻り・ベランダ・樋・排水口なども原因と考えられます。

建物タイプにもよりますが、破風板・幕板や戸袋・庇・笠木・水切り周辺も考えられます。


先日の台風での雨漏りとの事なので

通常時の降雨では浸入しない箇所からを疑うべきでしょう。

強風時の雨漏りは時として考えられない様な経路から浸入するので

外壁・サッシはその後でも良いかと思います。


あくまでも一例ですが

条件が揃えば、東面から浸入して西面で漏水してきたなどの例もありましたので参考までに。


自宅周辺に2代3代にわたり、30年以上続いている工務店は無いでしょうか?

あれば、その工務店さんと取引業者の塗装屋さん・防水屋さんの3社で点検・確認を

してもらって、どこから雨漏りしているかを見つけてもらうのが最良かと思います。

参考になった:1件

回答No:26
投稿日時:2011-09-08 22:12:48
回答者: 長田塗装(千葉県) 
自信度: ★★★★☆

回答遅くなり申し訳ありません。雨漏りの原因は、色々あると思いますが、まず現状を確認しないと結果は判断しにくいと思います。サッシのビスからは水は侵入しにくいと思います。なぜならサッシには、織り込みが入っていると思います。普通、塗装の場合には、隙間などはすべてコーキング等して防水対策はされると思います。隙間を塗装しただけでは不完全に思われます。塗装した後のゴツゴツした感触は、下地処理の不十分さが感じられます。

参考になった:0件



当サイトへの無料登録はこちらからどうぞ


世界WEB標準の証明

Valid HTML 4.01 Transitional

Valid CSS

当サイトは、W3C勧告に従った正しい文書構成で制作されていることが証明され、上記バナーの使用許可を得ています。