群馬県前橋市で活躍中の外壁塗装の専門家「有限会社岡部塗装店」の詳細ページ | 外壁塗装.COM
HOME > 群馬県 > 前橋市 > 有限会社岡部塗装店

外壁塗装登録数

1522 件掲載中
2017/08/20 11:21現在

北海道・東北

北陸

関東

中部

関西

中国

四国

九州・沖縄



更新情報

東京都八王子市の外壁塗装

東京都八王子市の外壁塗装、二代目あみもと塗装さんの登録写真 二代目あみもと塗装さんを掲載しました。

東京都府中市の外壁塗装

株式会社 SHINSEIさんを掲載しました。

千葉県千葉市の外壁塗装

シタヤ塗装さんを掲載しました。

長野県安曇野市の外壁塗装

ひろの塗装店さんを掲載しました。

神奈川県横浜市の外壁塗装

轍建築さんを掲載しました。
更新情報

外壁塗装 モバイル
外壁塗装
モバイル版


有限会社岡部塗装店

群馬県 前橋市の外壁塗装、有限会社岡部塗装店のイメージ画像 群馬県前橋市を中心とし、埼玉、東京と関東一円で活動をしています。技術力には定評があり、問い合わせが全国各地から入ります。
塗装、塗り替えの他、防水やリフォーム、ビルマンションの改修までを資格を持った技術者が安全に、そして確実に仕上げていきます。
戸建て塗装部門においては、完全自社職人による施工で行っております。(他社のような社内下請制度は取っておりません。)

屋号: 有限会社岡部塗装店
所在: 群馬県前橋市群馬県前橋市下小出町2-16-4
サービス内容 塗り替え、光触媒、リフォーム、新築、不動産
料金情報 新築(注文):70万円/坪程度~
ウレタン樹脂塗装2回塗り:1400円/㎡から
シリコン樹脂塗装2回塗り:1600円/㎡から
営業時間: 月~金:午前9時~午後7時まで
土:午前10時~午後5時まで
日:午前10時~午後4時まで
URL: http://www.ocabe.com
メール連絡: 担当岡部にメールする
担当者: 岡部
連絡先: 027-231-6081
※営業・勧誘電話はお断りします。
求人情報: 求人情報はこちら
群馬県 前橋市の外壁塗装、有限会社岡部塗装店のイメージ画像2

群馬県 前橋市の外壁塗装、有限会社岡部塗装店のイメージ画像3



アクセス情報



教えて掲示板への回答

「外壁のコーキングの塗装について」への回答 [2017年4月8日]


コーキング上の塗装だけにひび割れが入ったのならば、それは普通に起きる事です。そもそもコーキングの伸び率と塗料の伸び率は違いますので、伸び率の小さな塗装がひび割れるのはあたりまえです。おそらく、それに加えて水性塗料であるダイナミックトップを無駄に厚塗りしたのではないでしょうか?そのような施工をすると塗...続きを読む


「積水ハウスのガスケット塗装のべとべとについて」への回答 [2017年2月4日]


それは固まらないかと思います。 ガスケットに含まれる可塑剤がプレミアムシリコンに含まれる何かしらのものに反応したのでしょう。ベタ付く状況は汚れも呼びますので、様子を見るのではなく、何かしらの策を講じるべきであると思います。 一旦付着したプレミアムシリコンを全て拭き取ってから、可塑剤を侵さないプライマ...続きを読む


「エスケープレミアムシリコンの下地」への回答 [2017年1月26日]


どちらが良いと言うよりも、使い方が少し異なります。ALC張りの建物の塗り変えにはどちらも使えます。 ソフトサーフ(SG)よりも弾性プレミアムフィラーのほうが製品としては新しいですが、より薄塗りが出来るものなので、使い方(人)によっては素地面の保護力が小さくなると言う点もあります。 もっとも、使い方で性能の...続きを読む


「UVプロテクトクリヤーの塗装について」への回答 [2017年1月19日]


サイディング板が塗料を吸い込んでしまうと言うような事例は無い話しではないです。実際にあります。 しかし、UVプロテクトクリヤーの場合、そこまで吸い込むような状態では使用不可です。そうなったら使えない塗料なんですよ。あなたがどうしても使いたいと言ったのなら別ですが、塗装屋はそれは使えないと説明しなけれ...続きを読む


「直ばりサイディング塗料について」への回答 [2016年12月11日]


直張りでしたら、いっそリフォームして外壁をしっかりと作り直した方が良いのですが、あえて塗装するという前提でお話しします。 直張りサイディングにアステック?!正気ですか? といいたいぐらいの選択です。通気が悪いのに更に品質の悪い弾性系の塗料を使うなんて正気の沙汰ではありません。それを進めるたのが業者...続きを読む



ページの先端に戻る



当サイトへの無料登録はこちらからどうぞ


世界WEB標準の証明

Valid HTML 4.01 Transitional

Valid CSS

当サイトは、W3C勧告に従った正しい文書構成で制作されていることが証明され、上記バナーの使用許可を得ています。