愛知県名古屋市で活躍中の外壁塗装の専門家「岡田美建」の詳細ページ | 外壁塗装.COM
HOME > 愛知県 > 名古屋市 > 岡田美建

外壁塗装登録数

1532 件掲載中
2017/11/21 19:24現在

北海道・東北

北陸

関東

中部

関西

中国

四国

九州・沖縄



更新情報

神奈川県横浜市の外壁塗装

神奈川県横浜市の外壁塗装、久保田工芸㈲さんの登録写真 久保田工芸㈲さんを掲載しました。

愛知県一宮市の外壁塗装

愛知県一宮市の外壁塗装、夢想空間 U moreさんの登録写真 夢想空間 U moreさんを掲載しました。

大阪府大阪市の外壁塗装

株式会社 ユーケイ工業さんを掲載しました。

東京都小平市の外壁塗装

ワイズさんを掲載しました。

神奈川県秦野市の外壁塗装

有限責任事業組合 和光住設組合さんを掲載しました。
更新情報

外壁塗装 モバイル
外壁塗装
モバイル版


岡田美建

愛知県 名古屋市の外壁塗装、岡田美建のイメージ画像 一貫した自社責任施工で行っておりますので、中間マージン抜きの安心価格(低価格)でお客様にあったプランを提供させていただきます。塗装は1級建築塗装技能士が施工し品質管理は1級建築施工管理技士が責任を持って行います。施工終了後も、当社のスタッフによる定期的調査を実施し、アフターフォローもご安心ください。無料お見積もりのご依頼心よりお待ちしております。
屋号: 岡田美建
所在: 愛知県名古屋市緑区曽根2-38-2 
サービス内容 戸建の塗り替え、リフォーム
ビル、マンションの大規模改修工事
(塗装・防水・シーリング・補修)
料金情報 《外壁》
アクリル塗装→900円/㎡~
ウレタン塗装→1200円/㎡~
シリコン塗装→1500円/㎡~
 フッ素塗装→2800円/㎡~

上記は戸建の外壁仕様となります



営業時間: 年中無休
出張対応可能地域: 愛知県周辺
メール連絡: 担当岡田にメールする
担当者: 岡田
連絡先: 052-623-2291
※営業・勧誘電話はお断りします。
FAX: 052-623-2291
求人情報: 現在登録がありません
愛知県 名古屋市の外壁塗装、岡田美建のイメージ画像2

愛知県 名古屋市の外壁塗装、岡田美建のイメージ画像3



アクセス情報



教えて掲示板への回答

「UVプロテクトクリヤーの塗装について」への回答 [2017年1月19日]


北面以外は1回塗りの可能性はありますね。 もしくは塗料を規定量以上に希釈したため2回塗ったが 吸い込みが激しく質問者様の感じている質感になったのかも しれません。 最初に回答されている方も指摘していますが シーリングを塗装より先に施行している場合は 順序が逆になりますので、その点もご思案ください。 ...続きを読む


「シャッターの塗装について」への回答 [2016年10月17日]


はじめまして シャッターの塗装は、巻き上げ式は塗装しても使用しているうちに剥がれる可能性が高いので、ボックスのみ塗装することがが多いですね。 しかし外壁がきれいになるとシャッターなども気になりますよね。 使用する塗料をちゃんと選択すればシャッターも塗装できると思います。 ...続きを読む


「外壁塗装の種類」への回答 [2016年2月17日]


パーフェクトトップとセラミシリコンでしたら 耐用年数の長いパーフェクトトップがオススメです。 下塗りも重要です。 パーフェクトトップを選ばれたときは下塗り材が パーフェクトサーフになります。 施工会社に確認をお忘れなく。 築17年とのことですのでコーキング処理もちゃんと してもらいましょうね。 ...続きを読む


「外壁塗装の種類」への回答 [2015年1月17日]


まずはクラック部分の補修をしっかり施工することが 大事ですね。 塗料の耐用年数は遮熱とそうでないものの差は ありませんので、遮熱を選ばれる際は 株式会社フナモコーポレーション様のコメントを 参考にされると良いと思います。 クラックに強い塗料ですと下塗り材、仕上げ材は 弾性タイプのものをおすすめします...続きを読む


「タスペーサーについて」への回答 [2014年11月19日]


当社ではカラーベスト塗装をする時は 雨水の排水と換気のために必ずタスペーサーを使用しますが 割れたりしたことはありません。 カッターによる縁切りも有効ですが塗装の仕上がった後での 作業となりますのでカッターで屋根に傷をつけてしまったり 足跡が残ったりすることもあるのでタスペーサーW工法をおすすめし...続きを読む



ページの先端に戻る



当サイトへの無料登録はこちらからどうぞ


世界WEB標準の証明

Valid HTML 4.01 Transitional

Valid CSS

当サイトは、W3C勧告に従った正しい文書構成で制作されていることが証明され、上記バナーの使用許可を得ています。