外壁塗装後のプツプツ | 外壁塗装.COM
外壁塗装.COM

質問
外壁塗装後のプツプツ
困り度: ★★★★★ 今年の7月に外壁塗装をお願いしました。
築13年のサイディングボードです。

ペンキは中塗り、上塗りがサーモアイウォールSiのND-210で
下塗りがSDサーフエポです。

サイディングボードには凹凸があり、横方向(地面と水平方向)に
深さ1~2mm程度の溝が5cm間隔であるのですが、その溝の
部分にプツプツと穴があいています。
穴の大きさは直径1mmもない程度ですが、溝の部分はほとんど
その穴があります。

業者さんに聞いたところ、
溝の部分には多くペンキが入り込んでしまい、気泡になってしまう
とのことです。
しかもND-210という薄い色は特にこういう現象が出るとのことです。
ただ、溝の奥は塗れているので問題ないそうです。

そこで、質問なのですが、

1.現場を見ていないのでわからないかもしれませんが、
  本当に奥まで塗れているのでしょうか?

2.プツプツがあっても問題ないのでしょうか?
  サイディングボードやペンキは大丈夫なのでしょうか?

3.穴を埋めて欲しいと言ったら埋めてもらえるものなのでしょうか?
  今までの話した感じだと、問題ないからやらないと言われそうなのですが。。。
質問者:寺田真二
都道府県名:東京都
50代前半
男性
投稿日時:
2015-08-11 09:51:25


回答
投稿日時:2015-08-11 13:55:32
回答者: 有限会社岡部塗装店(群馬県)
自信度: ★★★★★


手遅れかとは思いますが、その業者さんの技術が低いです。
そもそも、サイディングにSDサーフエポをなぜ使うのか、そのレベルの低さに驚きます。SK化研のカタログの注意点を見てもらうと分かるのですが、遠回しにサイディングへの使用をしないように書いてあります。(http://www.sk-kaken.co.jp/products/data/pdf/series/sitaji/sitaji_11.pdf
これは、少し塗料と素地の関係を勉強すれば分かることなので、その業者さんは全く勉強なさらない方なのでしょう。
それと、なぜ下塗りと上塗りのメーカーを変えたのかが疑問です。これでは何かトラブルがあってもメーカーは一切責任を負ってくれません。非常にまずいやり方です。

以下、質問に沿って回答します。
1.見てみないと分かりませんが、塗れてない所もあるかとは思います。

2.問題はあると考えた方が良いですね。出ないのが普通です。出た場合は、丁寧に直すべきものです。刷毛で塗ればどうにかなりますけど。

3.埋めるも何も、穴が開いたままなら施工不良でしょう?受け取り拒否すべきです。

非常に技術の低い業者の言い分けに、同業者として情けなく、強い怒りを感じます。気泡が出るなら、それを潰すなり、出ないようにするのが真のプロの職人です。そのまま塗るのでは日曜大工の延長の素人仕事で価値はありません。

投稿日時:2015-08-11 17:06:56
回答者: 奥野塗装店(岐阜県)
自信度: ★★★☆☆


通常サイディングボードの塗り替え時に多いf例としましては、サイディングの貼り継ぎ部に約1mm程度の隙間がある事例が多々あり当店の場合全て下地処理の段階でプライマー塗布とコーキングでしっかり隙間を処理いたします、微弾性サーフやフィラーでその隙間を埋めてしまおうとする業者が多々見受けられます、塗装直後は綺麗に埋っていても乾燥とともに塗料の収縮により所々にピンホールが出来てしまうのです、5㎝間隔だと貼り継ぎの部分では無さそうですが目地に塗料が多く入ると気泡になる?当店では経験ないです、使われているローラーの毛の選択の問題なのかとも思いますが、色が薄いと出やすいとか濃いと出ないとかプロの言葉とは思えないですね、たんに薄いから目立つ濃いから目立たないだけですよね、高いお金を支払って美観に問題ありならお客様から指摘される前に当店でしたら直します、施工店の仕事に対する考え方やこだわり、お客様に喜んでいただき、この業者さんに依頼してよかったと思われる仕事をしたいものです、やはり目立つようでしたら直しおお願いしてみるべきでしょう。

投稿日時:2015-08-11 17:09:44
回答者: 株式会社高知総合メンテナンス工業(高知県)
自信度: ★★★☆☆


現場を見ていないので、お話いただいたことを元に、今までの経験からお答えします。
1、奥までは塗れていると思います。下地処理の問題になります。薄い色の塗料や淡い色の塗料はサイディングにより下地処理の仕方で、そういった現象が起こる場合はあります。
2、プツプツがあっても塗装自体は出来ていると思いますが、状態としてはあまり良い状態ではありません。
3、業者のとの話し合いになるので、良心的な業者であれば改善してもらえる可能性もあります。

投稿日時:2015-08-11 23:23:34
回答者: 株式会社 名北外装     (愛知県)
自信度: ★★★☆☆


まず、気泡がある時点でよろしくないと思います。
1.奥まで塗れているかは、当事者同士が目視で確認して判断するしかありません。
2.ブツブツと気泡跡がある場合は、塗り重ねなどの対応をした方が良いと思われます。なぜなら劣化はそういった薄い塗膜部分から拡がる恐れがあるからです。
3.穴や気泡跡があるならば、補修をお願いするべきだと思います。

投稿日時:2015-08-12 18:14:54
回答者: マチグチ塗装(大阪府)
自信度: ★★★☆☆


不具合箇所を見ていないので文章だけで判断するとサイディングが痛んでいると通常のシーラの上にェアレスなどで吹き付けるとピンホールが出来る場合が有りますがローラーで適切な希釈割合で塗ればSDサーフエポという下塗り材はSK化研が出した新製品でサイディング専用サフェイサーでピンホールや吸い込み村を防ぐためのサフェイサーですからとてもきれいに仕上がります。当店でも使用していますが一度も斑やピンホールは出たことはありません。使用材料の選定にも問題はないです。保障は付いていないのですか?お客様が仕上がりに納得いかないのならお話をして補修工事をお願いするべきですね。



地域から探す
外壁塗装教えて掲示板
求人情報
会社概要
HOME

(c)外壁塗装.COM